イスパラテ

スペイン語やスペイン語圏について紹介するブログ

スペイン語の動詞 直説法現在形-ar, er, ir動詞の活用

スペイン語では動詞を変化させることで主語や時制を表現します。

この記事ではスペイン語の動詞の活用の基本となる「直説法現在形」をご紹介します。

 

 

スペイン語の動詞 直説法現在形-ar, er, ir動詞の活用

スペイン語は動詞を変化させることで、主語や時制を判断していく言語です。そのため英語の動詞の活用よりも多くの活用を覚える必要があります。

動詞の活用というのは、主語や時制によって動詞の形が変わる現象のことで、英語でいうと「三単現のs」や「過去形のed」のようなもの。

スペイン語の人称代名詞は「私」、「君」、「彼・彼女・あなた」、「私たち」、「君たち」、「彼ら・彼女ら・あなたたち」という6つのグループがあり、それぞれの人称代名詞によって動詞を活用させるのが特徴的です。

 

スペイン語の直説法現在形とは

スペイン語の直説法現在は、英語の現在形と同じような意味を持つ活用形です。

ただ、英語の現在形よりも幅広い用法があります。直説法現在形が表す意味は下記の通りです。

①現在の出来事

¿Hablas japonés? — No, no hablo japonés.
(君は日本語が話せるの? -いいえ,日本語は話せません)

¿Qué estudias en la universidad?— Estudio historia.
(大学で何を勉強しているの?-歴史学を勉強してる)

 

②未来の出来事

未来の出来事でも、確実にわかっている予定や習慣などは直説法現在で表すことがあります。

¿A qué hora llega el tren? — Llega a las  dos de la tarde.

(列車は何時に到着しますか?-午後2時に到着します)

¿Abro la puerta?— Sí, por favor.
(扉を開けましょうか.-はい、お願いします)

 

③現在まで続いている出来事

英語では現在完了(have+過去分詞)を使う表現ですが、スペイン語では現在の時点より以前に始まったことでも、まだ終わっていなければ直説法現在で表します。

¡Habla usted muy bien español! — Llevo cinco años en España.
(スペイン語が大変お上手ですね.-スペインに来て5年になりますから)

Estoy aquí desde las dos de la tarde.
(私は午後2時からここにいる)

 

スペイン語 動詞の活用

スペイン語の動詞の活用は、語尾によって3タイプ(-ar動詞,-er動詞,-ir動詞)に分けられます。

1人称、2人称、3人称と単数形・複数形で6つの人称代名詞のグループがあり、それぞれの人称代名詞によって動詞が変化していきます。

ar動詞、er動詞、ir動詞の直説法現在の活用は次の通りです。

 

hablar
 
comer
 
vivir
hablo
hablas
habla
hablamos
habláis
hablan
 
como
comes
come
comemos
coméis
comen
 
vivo
vives
vive
vivimos
vivís
viven
 
スペイン語の活用では、例外的な変化をする動詞も存在しますが、基本的にはこの3つのどれかの活用を当てはめることができます。
動詞が「ar」、「er」、「ir」のどの語尾で終わっているのかをみて、この3つの活用の語尾を当てはめていく形です。
覚え方は、hablarなら、
hablo、hablas、habla、hablamos、hablais、hablan
と何度も唱えてリズムで覚えていきます。


主な規則動詞

-ar動詞、 -er動詞、 -ir動詞の代表的な単語は下記の通り。
活用は先にご紹介したhablar、comer、vivirを完璧にして、他の動詞を覚える際は意味をしっかりと理解するように勉強するのがおすすめです。

-ar動詞:

llegar, llevar, entrar, esperar, llamar, mirar, tomar, andar, buscar, ayudar, comprar, enseñar, explicar, preguntar, preparar, trabajar, viajar, visitar, cantar, escuchar, pasear.

-er動詞:

aprender, beber, comprender, correr, corresponder, creer, deber, leer, meter, poseer, responder, romper, temer, vender.

-ir動詞:

abrir, añadir, asistir, cumplir, decidir, describir, descubrir, escribir, existir, partir, permitir, recibir, subir, sufrir.

 

綴りの変化

スペイン語では、gやcの文字とoが組み合わさると音が変化します。例えば、geは「へ」ですが、goは「ご」という音となります。

1人称単数は -o で終わるため、-er動詞と -ir動詞の一部、例えばcoger は cojo (×cogo)、convencer は convenzo (×convenco)のように、発音に合わせて綴りが変化します。

 

スペイン語のおすすめ参考書

ここまでスペイン語の動詞の直説法現在形についてご紹介しました。

スペイン語を勉強したい場合におすすめなのが、スペイン語会話と簡単な文法解説のついた参考書、文法書、単語帳の3つの参考書をそろえること。

スペイン語の勉強では、「文法を覚え、単語を覚え、音を聞き、発話する」という4つのステップを繰り返すことが大切です。

文法や会話のリスニング練習でおすすめな教材は、『ニューエクスプレス』シリーズ。そして単語の学習は『スペ単』、文法書は『これならわかるスペイン語文法 入門から上級まで』です。

また、スペイン語をある程度勉強したら、今度は国際的にも通用するスペイン語の検定である「DELE」という国際資格の取得を目指し、学んだことを定着させ、会話をオンラインスペイン語教室で並行して勉強していく方法がおすすめです。

 

※ニューエクスプレス プラス スペイン語はこちら

 

※スペイン語 おすすめ参考書はこちら

hispalate.hatenablog.com

 

オンラインスペイン語の活用でトリリンガルに

一昔前は、外国語を日本で身につけるのは大変でしたが、現在では十分に旅行や生活、仕事、研究で使えるレベルまで引き上げることができるようになりました。

というのも、最近ではオンライン英会話教室がリーズナブルな価格で質の高いオンライン英会話のレッスンを用意しており、オンライン英会話教室を利用することで、自宅にいながら生の外国語に気軽に触れることができるようになったのです。

中でもスペイン語を勉強したいと思ったときにはベルリッツやワンズワードオンラインというオンライン教室がおすすめ。どちらも無料体験レッスンが可能ですので、是非一度無料体験レッスンを試してみてください。

 

※無料レッスンの申し込みはこちら

圧倒的成果のオンラインスペイン語 | ベルリッツ

ワンズワードオンライン

 

※おすすめスペイン語オンライン教室はこちら

hispalate.hatenablog.com

 

終わりに

この記事では、スペイン語の動詞の活用である直説法現在形をご紹介しました。

スペイン語は1人称、2人称、3人称、複数、単数という5つの要素で人称代名詞が分かれており、6種類の人称代名詞に合わせて動詞を変化させていきます。

動詞の活用はスペイン語習得のために一番重要な部分ですので、まずは直説法現在形の活用を覚えてみてください。

 

 

※スペイン語検定6級の勉強方法と参考書はこちら

hispalate.hatenablog.com

 

にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ
にほんブログ村